こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

昼寝してて目が覚めたらマンションの火災報知器が鳴っていた結果

スポンサーリンク

笑顔と向上心の申し子、かもめです

 

一昨日、漂流ネットカフェと言う漫画を徹夜して一気読みして、そのまま

起きていたんですが、夕方5時に強烈な睡魔に襲われて、

ベッドで寝ました。

 

その2時間後、配達の人のインターホンの音で目が覚めて、

配達物を受け取った瞬間

 

「ピーピーピー!!!!!」

 

と、マンションの廊下に大音量で響き渡る警告音

 

寝起きだったので状況が全く把握できず、

上の空で荷物を受け取り、

廊下に出てみると、やっぱり火災報知器がけたたましい音を立ててなっている

 

で、そこをたまたま通りかかった同じ階の住人さんが、

「1階でなんかやってましたよ」と一言

 

誰かが対処しているのか、と思って部屋に引き戻りましたが、

 

部屋の中で、ピーピー音をずっと聴いてるうちに不安になってきました

 

なんかやってました???何をやってたんだ?その処理は正しいのか?

大丈夫かな?と思い、

1階に降りてみました

 

1階に降りると、男性が火災報知盤の目の前で、

マニュアルを見ながら四苦八苦してる様子

 

「こんばんは、今どういう状況ですか?」と聴くと、

「なんか誰かが間違って非常ベルボタンを押しちゃったみたいで、

今マニュアルを見ながら復帰しようとしてます。業者には連絡しました」とのこと

 

それを見守っていると、また1人おっちゃんが1階に降りてきて、

状況を説明すると

「そういうことかい。管理会社に連絡しといたから」と言って

戻っていきました

 

そして、それから10分くらいして業者が来て、安全を確認し、

警告音は鳴り止みました

 

 

ここで、僕が感じたこと。

 

それは、こういう有事の時にみんなで連携をとって対処するのってすごく

大事だなと思った。

 

こういう有事の時に、他人事にならずに自ら対応してくれた、1階の男性と

電話してくれたおっちゃんがかっこいいと思った。

 

誰かとコミュニケーションを取って協力するのって、なんかいい気分になりました

 

 

何より、気になった時に自分の目で確かめようとした、俺、最高(^^)

 

みんなで協力して何かをやるって楽しいなと改めて思いました

日頃から意識してやっていきたいものです