こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

話が伝わらないたった1つの原因

スポンサーリンク

笑顔と向上心の申し子、かもめです

 

 

相手に話しかけてもうまく伝わらない。

相手に話してもちゃんと聞いてくれない。

相手に話しかけても無視されてしまう。

 

そんな時って、すごく落ち込むし気分が下がっちゃいますよね。

 

でも大丈夫!

たった1つのシンプルな方法で、これらの問題が解決するんです!

 

 

 

話が伝わらないたった1つの原因

あなたの話が伝わらないのは、あなたが人の話を聴いていないからなんです。

 

どういうことか説明しますね。

 

例えば、人の話は全然聴かなくて、自分の自慢話ばかりする人がいたら

どう思いますか?

なんか嫌ですよね。

 

その人に自慢話を最後まで聴いてあげよう!!と思えないですよね。

 

 

逆に、ちゃんと相手の話を聴いてくれる人の話って、なんだか聴きたくなるんですよ。

面白いですよね。

 

例えば、コンビニのアルバイトをしているA君は、レジ打ちが苦手で、

いつも自分が足を引っ張っているんじゃないかと申し訳なく思っていました。

 

そこに、A君の不安な表情を読み取った店長が、「A君、どうした?なにか悩みでもあるのか?」と優しく聴いてくれました。

 

A君は勇気を出して言いました。「あの、実は僕のレジ打ちが遅いせいで、お客さんの列がなかなか減らなくて、同僚のBさんにも迷惑を掛けてしまっていて、

悩んでるんです」

 

店長は「そうか。勇気を出して悩みを言ってくれてありがとう。そうしたら、

まずはお客さんの少ない時間帯にシフトを変えよう。そして一緒に入る人はベテランの

レジが上手い人を入れるから、わからないことがあったらどんどん聴いてくれな。

もちろん俺に出来ることなら何でも言ってくれな。

でもいつもA君のレジ打ちを見ているけど、お客さんの対応が丁寧ですごく良いと思うよ。」

と親身に聴いてくれました。

 

 

 

どうでしょう。この店長の話ならもっと聴きたいと思いますよね?

 

この店長のように、相手の話をちゃんと聴いてあげると、

自分が何を話しても、相手がちゃんと聴いてくれるようになります。

 

 

話が伝わらない原因は、話が上手いとか下手とかではなく、

そもそも相手が「聴いていない」ことが原因だったんです。

 

 

じゃあ、具体的にどうすれば良いか?

書いていきますね。

 

 

話が伝わるようになるたった1つの方法

 

あなたの話がちゃんと相手に伝わるには、こうすれば良いです。

 

相手の話を聴くこと

 

具体的には、相手の目を見て、笑顔で、まっすぐうんうんと頷く

 

こうすれば、相手は「この人はちゃんと私の話を聞いてくれる人だ」と

思ってもらえて、嬉しくなります。

 

そして、あなたの話をちゃんと聴いてくれるようになります。

 

 

これが聴き力です。

 

かんたんですよね。

でも出来ていない人が多い。

僕も意識していないと忘れてしまいます。

 

なので、日常、意識して聴き力を鍛えていけば、

あなたの話は、ちゃんと相手に伝わります。

ちゃんと相手が受け取ってくれます。

 

まずは、いちばん身近な、家族、彼氏彼女さん、友達、職場の同僚・・・

と言った順番で、練習してみて下さい。

 

 

思っている以上に、ちゃんと聴いてあげると、話してる方はすごく喜んでくれますよ(*^^*)

 

 

聴き力についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの動画がおすすめです!

 

youtu.be