こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

買うものが無くても立ち寄りたいファミリーマートの田中オーナーの話【自分の仕事の価値に気づくこと】

スポンサーリンク

鴨頭嘉人さんのYouTube、鴨Tubeの中でも心に響く大好きな動画を紹介します

 

「人生の「成功」をつかむ働く」

youtu.be

 

 

自分の仕事の価値に気づくことが重要です

 

自分の仕事はものすごい価値があると思って仕事をすれば、

仕事が大好きになれる

 

タクシーの運転手の年収は、200万円から2000万円まで開きがあります

 

その差は何かと言うと、ズバリ自分の仕事の価値にどれだけ気づいているか

 

タクシー運転手は困った人を助けるスーパーヒーローです

 

タクシーは困ったときにしか利用しませんよね

・とても急いでいる時

・重い荷物を持っている時

・土地勘が無く、一人では目的地に行けない時

・高齢者で、体が弱く、自分一人では移動が困難な時

 

そんな時にタクシーの運転手は颯爽と現れて

困っている人を助けて、また颯爽と去っていく

 

まさにヒーローです

 

ヒーローはピンチの時に登場し、普段は身を隠しています

普段から困っている人はいないか、アンテナをびんびんに張って

トロールをしています

 

めちゃくちゃかっこいいですよね!

この価値に気づいたタクシードライバーは、誇りを持って仕事をし、

「困っている人を助けよう」という意識が高いから、

より多くの人を目的地まで運び、より多くの人を助け、

より多くの人に感謝されて、その対価としてお客様の笑顔や感謝の言葉、そしてお金を得るのです

 

 

コンビニの店員さんは第2の家族

コンビニの店員さんほど素晴らしい職業は無いです

コンビニが無くなったら困りますよね?

 

僕なんかは週に10回以上利用しています

この前、北海道で大地震が起きました

 

電気は止まり、コンビニは営業していませんでした

 

その時改めて気づきました

私達はいかにコンビニにお世話になってきたか

どれだけコンビニを普段利用していたか

 

そんな素晴らしいコンビニで働く人はめちゃくちゃ価値があります

 

コンビニって、大体立ち寄るのは、出勤前の朝や、帰宅前の夜が多いですよね

 

朝、家族以外で会う人はコンビニの店員さんです

 

夜、家族以外でその日最後に会う人はコンビニの店員さんです

 

まさに第二の家族ですね

それだけ身近で、親しい関係でもあるんです

 

多くの人の役に立っていて、1日の始まりと終わりに心の交流をしてくれる

第二の家族。

 

その素晴らしい価値に気づいた店員さんは、

朝コンビニに来たお客様に「おはようございます!今日も頑張ってくださいね!」と

声を掛けてくれるでしょう

 

どれだけ心がほっこりするか。

めちゃくちゃ嬉しいですよね

 

そして、夜仕事帰りにコンビニに寄った時に、「お疲れ様でした。顔を見れば分かりますよ、今日とても頑張りましたね。ゆっくり休んでくださいね」と声を掛けられたら・・・

 

めちゃくちゃ嬉しいですよね!!!なんならちょっとうるっとしちゃいますよね

 

 

お客様も嬉しいですし、自分の仕事の価値に気づいた店員さんはコンビニの仕事に

誇りを持ちますし、自分の仕事が大好きになりますよね!

 

仕事が楽しくて仕方ないという状態になります、最高ですね

 

 

街のゴミ拾いをしている人は、街の環境を創っている

池袋には毎日ゴミ拾いをしている方がいます

1日で拾うゴミの量は台車7台分!

台車1台になんとでかい業務用ゴミ袋7〜8袋は入るそうです

 

f:id:kooichi18st:20181013061204j:plain

 

https://www.askul.co.jp/p/3474734/

 

 

それを毎日。拾いまくる。

 

当の本人は最悪な仕事だと言っています

どうでしょうか、最悪な仕事だと思って毎日1日8時間働くのは。

正直、地獄です。

 

でもこの仕事の価値を考えたら、そんなこと言えなくなります

 

もしゴミ拾いをしなかったら、街はゴミで溢れ、

通勤する人も気持ちよく出勤できるでしょうか。

デートでカップルが楽しい思い出を作れるでしょうか。

 私は池袋で楽しく過ごしているよ、と親に胸を張って言えるでしょうか。

 

ゴミ拾いの仕事は、街の環境を作る仕事です

 

街を作っているのはゴミ拾いをしている方です

 

こんなに素晴らしい仕事は無いです

 

 

 

「疲れた」という最悪な言葉を聞いたら、子どもたちは働きたくないと

思い、大人になりたくないと思ってしまいます。

 

これ以上子どもたちの夢を奪う言葉はないです

 

 

 今、日本は元気がない。日本を元気にするのはタクシーしかないんだ!

コンビニしか無いんだ!ゴミ拾いしか無いんだ!!と

 

それぞれの仕事をしている人がそんな思いで仕事をしたら、

日本はもっと良くなります

 

 

それだけじゃなく、働くのが楽しくなります

どうせなら楽しく働きたいですよね

 

 

不動産の管理をしている僕の場合

 

僕の仕事は、不動産の管理をしています

僕の仕事は縁の下の力持ちです。

 

基本的に、オーナーさんの代わりに、空室を埋めて、

マンションの稼働率を上げること

 

オーナーさんが自分では出来ない部屋の募集を、

僕らは代行で行っています

 

満室の時は、募集活動はしません。そして、ひとたび空室が出ると、

募集活動を行って、満室に戻す行動をします

 

正直、目立ちません。何も無い状態、満室の状態が普通。

何も問題がない状態が理想の状態なんです。

 

あまり表に出ることがない、まさに縁の下の力持ちです

かっこいいですよね。満室の時は姿を表さず、ピンチの時に

颯爽と現れ、オーナーの為に全力で営業活動をする。

 

入居者に対しても同じです。普通に生活している時は、

管理会社なんて必要ありません。

しかし、生活上のトラブルや困った時に頼りになるのが管理会社です

 

 

ですが、最高なのは、生活の不安や不満を先回りして、予め予防策を

とっておくということです。

入居者は快適に住み続けられて、管理会社はいないも同然です。

 

しかし管理会社は水面下で、入居者の為に、オーナーの為に、

問題が起きないようにずっと動いています

 

地味で目立たず、愚直に人の暮らしを守る仕事が不動産の管理です

 

 

・・・というのを、この動画を見て初めて考えてみました笑

そしたら、この仕事めっちゃ素晴らしいな!!と思いました

 

ただ漫然と仕事をしていただけだったんですが、自分がやっている

この仕事は人の生活を守っているんだ、と自覚できました

 

 

これからも、何不自由なく入居者が暮らせるように

水面下で地道にコツコツ仕事し続けたいと思います!

 

 

元動画はこちら↓

youtu.be

 

 

追伸

鴨Tubeを見るのはとても好きなんですが、

YouTubeを見れない環境(イヤホンがなくて、音が出せない場所、電車とか)

にいる時に、鴨Tubeを見て学びたい!と思ったのがきっかけで、

 

鴨Tubeが文章になればなあと思い、動画の文字起こし的なことをしてみました

 

僕が響いたところだけ、ピックアップした形になるので笑

 

これはもう僕のためですね笑

大事なことはすぐ忘れちゃうので、何度も繰り返し見れるようにしたいと思います

 

 

まずはなんでも「良いね!」と言ってから考えよう〜〜