こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

賃貸マンション管理会社社員がお伝えする、部屋探しにおける注意点

スポンサーリンク

こんにちは、かもめです

 

僕は現在、賃貸マンションの管理会社に勤めています

 

100棟以上のマンションを管理しています

 

いろいろな物件があり、いろいろな入居者がいて、

そのすべてを見てきた僕が、部屋探しの注意点をお伝えしようと思います

 

 

1つ目!

壁はノックせよ

 

壁が薄い物件を掴んでしまうと、どれだけ綺麗でどれだけ立地が良くても

全てが水の泡になってしまいます。

賃貸マンションのクレームの大半が騒音問題です

 

夜、静かに眠れないというのは人間にとって思っている以上の苦痛なのです

 

それこそ殺意すら湧くほどです。

なので、立地とかよりもまず、防音性というのを第一に考えることを

強く勧めます

 

あとは、繁華街の近くだと、例え壁が厚くても夜中に騒ぐような輩が住んでいる可能性が高いので、

完成な落ち着いた住宅街のマンションを選ぶとさらに良いかもしれません

 

 

 

2つ目!

夜に内覧せよ!

 

内覧と言っても、部屋の中に入らないですよ

夜は仲介業者はやってないですからね

 

では何を見るのか

それは夜、マンションの周辺を歩いてみて、怖いと感じるか、安心できるか

 

ここは特に女性が大事なポイントになってきます

 

街灯が全然ない道を毎日歩くのはかなりの恐怖であり、ストレスになりかねません

 

夜にマンション周辺を歩いてみたり、駅から歩いてみたりすることを強くおすすめします

 

 

夜に歩いてみて、明るかったり、大きな通りが近くにあったりして夜でも安心できるなと

感じれば、その物件は本当に良い物件でしょう

 

夜に内覧する人はあまりいないですが、これは本当におすすめなので

気になっている物件があれば、休みの日にやってみてください

 

 

3つ目!

ゴミ捨て場を見よ!

 

ゴミ庫を見れば、どんな入居者が住んでいるか一発で分かります

 

ゴミ庫が散乱していたり、無分別のゴミが多ければ、そういうだらしない人が

住んでいるということです

 

その物件はハズレということになります

 

なので、それとなくゴミ庫もチェックして、綺麗になっていれば、

まともな入居者が多いので、入居後のトラブルは少なく、安心して暮らせることでしょう

 

 

以上、大事なポイントを管理会社目線でお伝えさせていただきました

 

あなたが当たり物件に出会えることを心から祈っております