こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

コインチェック、ビットフライヤー、Zaifは信用してはいけない

スポンサーリンク

  

ビットフライヤーのCEOはテレビで大嘘をつく

https://twitter.com/t

avel100/status/952101454948388866

 

ビットコインの送金手数料は普通に数千円かかります。

しかも、送金に3,4日かかる。

 

それに比べて、リップルは数十円で、3〜5秒で送金できる。

まさに、リップル社がビジョンとして掲げる「LINEでメッセージを送るように

お金を送金できる世界を創りたい」を体現しています。

 

社長が平気で嘘をつく会社はかなり危険です。信頼できませんね。

大手で、金融庁の認可も降りている大手取引所ですが、私は利用しないです。

 

 

 

Zaif不正アクセスされ、勝手にお金を抜き取られる事件

 普通にZaifに置いてあったお金が抜き取られる事件が起きています。

それについて、Zaifがどう対応しようとしているのか不透明です。

 

 それだけ、セキュリティーが脆弱なのでしょう。

安易に利用するのは危険ですね。

 

 

インチェックは私も使っているが、全面的に信頼せず、うまく利用することが大切

インチェックは、私も使っていました。

仮想通貨について何も知らない時に、使いましたが、

めちゃくちゃシンプルで使いやすい、見やすい、初心者にはとてもありがたい販売所でした。

 

ネット銀行から入金して、ビットコインやら、リップルやらをすぐ買えます。

 

はじめて仮想通貨を買った額はXEMで580円でした。

まずは少額からがいいと思います。

 

はじめての投資ですし、まず間違いなく失敗すると思っていたので、

無くなっても大丈夫な額から始めようと思いました。

 

そして、少額でも身銭を切って参加することで、もっと知りたい、と思うようになり、

情報収集の意欲も段違いになりました。

 

他人事から自分事になったわけですね。やってみるって大事。

 

そして、そのおかげでリップルに出会い、リップルに惹かれ、

リップルを大好きになれました。

 

kooichi18.hatenablog.com

 

そして、コインチェックから580億円相当のXEMハッカーに盗まれた事件が起きましたね。

これは、ホットウォレットといって、オンラインでネットに繋がった状態で、

お金を放置していたので、ハッカーに簡単に抜き取られてしまったようです。

 

コールドウォレットという、オフラインで、ネットに繋いでいない場所で

通貨を保管するのが安全なんですけど、コインチェックは安全策を取っていなかったということになりますね。

 

つまり、ユーザーの安全に対しての意識がなかったようです。

しかも、コインチェックは公式に、「お客様の資産はコールドウォレットに入れて安全な場所に保管してある」と言っていました。

 

嘘をついていたわけですね。

当たり前ですが、嘘をつく会社が繁栄することはありません。

遅かれ早かれ衰退していくでしょう。

 

いかに信頼できる会社を選ぶか、いかに信頼できる取引所を選ぶか、

いかに信頼できる銘柄を選ぶか、これは投資においても、人生においても最も重要なことのひとつだと思います。

 

 

しかしコインチェックは、初心者にはとてもわかりやすく、仮想通貨を広めるのに

多大な貢献をしてくれたと思います。

チャートも見やすいですしね。

 

私もかなりお世話になったので、コインチェックには感謝していますが、

長く利用する気はもう無いです。

 

ただ、数百円だけ投資してみて色々勉強するには良い環境だと思います。

 

 

今のところ、ビットバンクが一番信頼できる

これからどうなるかはわかりませんが、ビットバンクが今のところ信頼できます。

リップルも扱っていますし、金融庁の認可も降りています。

 

そして、有事の際の対応も真摯で誠実です。

 

 

 ちょうどこの頃、コインチェックから580億円不正出金されていた時だったので、

 余計に、ビットバンクの安心感が上がりましたね。

 

金融庁のホームページにも、登録した業者の中にビットバンクの文字が↓

金融庁が認可した取引業者一覧のあるページ(公式サイト)

f:id:kooichi18st:20180127215703p:plain

 

 

そして、我らがリップルを使用すると公言した、最強の業績を誇るSBIホールディングスが運営する取引所のSBIバーチャルカレンシーズも当然のごとく登録されていますね。

 

北尾社長好きです。

 

SBIバーチャルカレンシーズは2018年1月27日現在はまだ稼働していませんが、

これが稼働すれば、マジでリップルのターン来ますよ。

なんせ社長がリップルを激推ししてますからね。

 

もうワクワクが止まらない。

 

 

結局、一番信頼できるのは自分自身

投資においても何においても、やはり何より信頼できるのは自分自身です。

一番信用できるのは自分です。

 

上記の取引所に依存して信頼し切るのは、投資の世界においては特に危険だと思います。

いつ、お金が盗まれるかわかりませんからね。

リスクヘッジはかなり重要です。

 

自分のことは自分で守るのが最強です。

そして、一番強いのは、自分のことは自分で守りつつ、

上記の取引所の美味しいところだけ良いように利用することですね。

 

これが本当に重要です。

 

まず、取引所に通貨を置かずに、手元に置いておく。

こうすることで、たとえ、取引所から多額の通貨をハッキングされて、

その取引所が破産して倒産してしまっても、

自分の手元に通貨を収めておけば、痛くも痒くもないわけです。

 

そして、情報収集を積極的に行い、危険をいち早く察知して、

安全に安全を重ねて安全策を取り続ける。セキュリティーを強化することが

特に仮想通貨においては大事になってくるでしょう。

 

 

私はコインチェックに1700XRPほど置きっぱなしにしていました。

もしコインチェックからXRPが抜き取られたら、私の手持ちのXRPは0になります。

 

これはとても危険ですね。

なので、ハードウォレットと呼ばれる、USBメモリーみたいなやつに

自分のお金を避難させておこうと思います。

 

いつ何があっても良いように準備をしておくといいですね。

 

まあ無くなっても良いお金で投資をしていたので、最悪無くなっても

大して生活に支障はないです。

無くなっても良い余剰資金で投資をするのはおすすめです。

大抵のことにも動じないですから、リップルをホールドし続けられるからですね。