こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

たとえ大暴落しても私がリップルを手放さない理由

スポンサーリンク

この間、リップルが大暴落しましたね。

 

ここで売った人は、リップルを持つ資格はないですね。

それか勉強不足です。

 

 

リップルの価値は必ず上がる

リップルは長期的に見れば、必ず価値が上がります。

 

1XRP1000円、1XRP10000円にもなれる通貨だと思っています。

 

ただし、すぐではありません。

何年か時間が経ってからです。

 

しかし着実に確実に、XRPは上がります。

 

ここで必要なのは、

正しい情報を集めてリップル

なぜ長期的に上がるのかを知ることです。

 

上昇する材料が分かれば、

短気的な暴落で売るなんてことにはなりません。

 

あとは、焦らないことが大切です。

 

数年単位でじっくり持ち続けることができれば勝ちです。

 

ビットコインは現行のシステムに反発して新たなシステムを構築しようとしているのに対し、

 

リップルは現行の国際送金のシステムをさらに良いものをするために存在しています。

なので、各国の主要銀行、世界規模の送金会社と提携しています。

 

土台の硬さが比べ物にならないのです。

 

しかも送金手数料が、

ビットコインの場合、1000円とかかかるのに対し、

XRPの場合、1円とか10円で済んでしまうのです。

 

送金スピードも従来の国際送金の場合、

数日、数週間かからのに対し、

リップルなら4秒です。

 

さらに、今は取引所がこぞって、

大量のXRPを買い込んでいます。

 

さらに、日本のネット銀行の、

SBI社がリップルに全面的に協力しており、

今後XRPを使うと明言しています。

 

そのSBIの今期の経常利益が約30%と

めちゃくちゃ儲かっていて、

最高益を達成しています。

 

これほど世界規模で、現行のメガバンクや会社のバックアップがある

仮想通貨を私は他に知りません。

 

この事実を理解できれば、

たかが数百円下落したくらい、

何の意味も為さないことが理解できます。

 

今後数千円、数万円単位に伸びるであろう通貨が、

たかが数百円単位で下がったくらいで

うろたえるのは

完全に勉強不足としか言いようがないです。

 

 

なので私は、いくら暴落しても、

XRPを売る気はないですし、

 

むしろ下がったら買い増します。

 

2017年はXRPが2円とか20円でした。

もうそんな数字に戻ることはないでしょう。

 

同じように、今後100円とか200円に

戻ること可能性は低いでしょう。

 

数年後の未来を見据えれば、

今の価格なんて大した意味がないのです。

 

 

私は2018年1月から仮想通貨について調べて、

リップルを買った新参者ですが、

それくらいはわかります。

 

ウォーレンバフェットをはじめ、

結果を出している人は皆、

些細な上下には気にも留めず、

 

淡々とホールドしています。

 

 

あとはリップルを好きかどうかですね。

お金の利害を超えたものがあれば

最強です。

 

私はたとえ、投資金額が全て溶けても、

構いません。

 

それくらいリップルを応援したいからです。

 

投資は金儲けではなく、応援の形だと思ってます。

 

心から応援したいと思えるものにしか、投資してはいけないと思います。

なので、私はリップル以外に投資していないです。

 

これからもどんどん、リップルについての良い情報が流れてくると思います。

リップル出来る子なのです。

 

以上が、ガチホを推奨する理由です。

 

 

追伸:リップル関係のツイッターアカウントの人をフォローしまくると面白いです。

個性が強すぎる人ばかりなので楽しいですよ笑