こうくんオフィシャルブログ

僕は歌を歌うために生まれてきました。死ぬまで歌を歌い続け、音楽にどっぷり浸かっております。僕は歌を歌い続けたい。音楽をし続けたい。そして僕の歌を届けたい。それしか考えてないです。そんなグレートエクストリームシンガーの僕のブログです。

最強の耳栓を紹介する モルデックス Spark plugs

スポンサーリンク

私の人生の質を向上させてくれた

最強の耳栓を紹介します。

 

その名も、モルデックスのSpark plugs

スパークプラグです。

 

 

 

MOLDEX 耳栓 6604 スパークプラグ 7ペア エコパック ケース付
 

 

高音域、低音域まで高い遮音性を発揮し、

特に低音域に強いです。

私は隣の部屋のクソ野郎のテレビの音に悩まされていたので、

 

テレビの音が壁を伝わる低音の音を消したかったので、

とにかく低音域に強い耳栓を選びました。

 

さらに、このスパークという耳栓は、

モルデックスの耳栓の中でも

かなり柔らかいのです。

 

寝ている間につけても耳が痛くならないのが素晴らしい。

 

長時間つけても気にならない。

痛くならない。

そして遮音性抜群。

 

 

スパークの遮音性能

スパークの遮音性能はNRR33dBです。

NRRとはノイズリダクションレイティングの略で、

要するに、遮音できる能力を表します。

この数字が大きいほど、遮音性が強いというこなとになります。

 

デシベルは、音の大きさの単位で、

例えば、電車の車内の音は80デシベルと表します。うるさいですね。

逆に、図書館の音は40デシベルとなります。数字が低いから静かですね。

 

で、スパークは、80レベルの音を

33マイナスすることができるというわけです。

 

つまり、80レベルの電車の車内で

33レベルの遮音性能があるスパークを着けると、

80-33=47となり、静かなオフィスレベルにまで音を遮断してくれるわけですね。

 

つまり、最強というわけです。

 

ちなみに、耳栓によっては

低音に強い耳栓や、高音域に強い耳栓があります。

これも数値化できているので、

スパークの性能も見てみましょう。

 

125Hz →42.3
250Hz →43.7
500Hz →46.6
1000Hz→40.9
2000Hz→38.6
3150Hz→44.7
4000Hz→46.9
6300Hz→49.3
8000Hz→48.3

 

Hzというのは周波数です。

100Hzなど低いものは低音域、

8000Hzなど高いものは高音域を表します。

例えば、125Hz→42.3というのは、

低音域に対して、42.3デシベル遮音することができるよ、という意味です。

 

この数値は耳栓界でも最強レベルです。

同様に、高音域に対しても40を超えてきているので、割と最強です。

 

ちなみに、カモ、ゴーイングリーン、ソフティーも同じ性能で最強レベルです。

違いは形や柔らかさです。

 

 

 

 耳栓をして寝れば睡眠の質は大きく向上する

そういうわけで私はこれを一番おすすめします。

 

この耳栓のおかげで、本当に穏やかな夜を過ごせるようになりました。

そして睡眠の質が劇的に向上し、

疲労の取れ具合が全然違います。

 

前までは結構、次の日まで疲れや眠気を

引きずってしまっていましたが、

耳栓を付けた結果、次の日で疲れが吹っ飛んでおり、

めちゃくちゃ清々しい朝を迎えられて、

さらに幸せな気持ちになりました。

 

私達は1日の3分の1は寝ています。

つまり人生の3分の1は寝てるわけです。

その睡眠の質を向上させることは、

人生の質を向上させることと言っても過言ではありません。

 

良い睡眠を取れれば、仕事や日常生活でも

高いパフォーマンスを発揮することができます。

一流の人は睡眠の質にこだわり、

良いベッドや良いパジャマなどを

身に付けていますが、

 

私達が真似できる範囲で言えば、

耳栓はかなりお手頃で、

費用対効果がかなり高いものだと思います。

 

たった100円や200円で、

これだけのメリットがあるなら、

私は喜んで耳栓をします。

 

なぜなら幸せになれるし、

快適に過ごせるからです。

 

快適さの追求は本当に楽しいし

やりがいがあります。

時代は進歩していますから、

快適さの質はどんどん高まります。

 

なので私はどんどん快適になり、

それを見たあなたにも同じように快適に過ごしていただきたいと思っております。

 

あなたの快適さの一助となれれば、

これほど嬉しいことはありません。

 

 

私が実際に買ってみた、お試しパックをオススメします↓

 www.amazon.co.jp